パーカーについて

無地パーカにワッペンを付けてお手軽リメイク術!注意点は?

2018/11/26

この記事の所要時間: 445

無地パーカには、無地の楽しみがあります。
最近、注目を集めているのはワッペンを付けて、
自分だけのオリジナルデザインに仕上げようとする考え方。

こうした考え方は、なにもパーカのみに行われるわけではなく、
MA-1などのジャケットや、スポーツを楽しむ際のジャージなどにも行われます。

衣類のシルエットを自分でデザインし、
オリジナル制作するのは確かに難しいですが、
自分好みのワッペンを付けるのであれば、誰にでも簡単にできそうです

と言うことで、今回は無地パーカにワッペンを付ける方法をはじめ、
注意したいポイントなどをご紹介します。

パーカにワッペンを付けるならここに注目しよう!要確認のチェックポイント!

洋服の洗濯タグ

パーカにワッペンを付ける時、確認しておきたいポイントがあります。

それは、パーカについた洗濯タグです。

ここには、その製品の洗濯に関する情報が記載されています。
このタグを見ることで、どの様な洗濯を行えるのか?が分かります。

こにはもちろん、洗濯の一連作業として、
アイロンがけに関する情報も記載されています。

パーカにワッペン付けをする場合、
このアイロン掛けが非常に重要になってきます。

そのため、このアイロン掛けに関する情報は、
きちんと確認しておきましょう

特にアイロン掛けが出来ない!って洗濯表示がある場合は、
ワッペンの仕様自体から考えなければなりません。

この点はご注意下さい!

ワッペンは選ぶのか?それとも作るのか?個性が作り出すオリジナル性!

色々なワッペン

ワッペンを無地パーカに付ける時、アイロン掛けで付けることが出来る物か?
接着シートなどを用意して付ける物なのか?を判断する必要があります。

そして、アイロン掛けをする必要がある時、
先に触れたパーカの洗濯タグとの関係性も考えて下さい。

また、パーカに取り付けるワッペンは、
既製品の物を用意するのか?オリジナル作成で用意するのか?
を決める必要があります。

既製品ワッペンを選ぶ場合

既製品のワッペンは現在、多種多様な物が販売されています
有名キャラクターの物やミリタリー的な物など様々です。

それらを組み合わせることで、
オリジナル性を発揮するパーカを作り上げることが出来ます。

どんな既製品を選ぶのか?どんな組み合わせで楽しむのか?
それらをあなたの個性で表現することが出来ます

オリジナルワッペンを作る場合

最近ではワッペンをオリジナルで作り、
それをパーカに貼って楽しむ人も増えています。

手作りワッペンの制作は思ったよりも簡単で、
手軽に作る事ができ、お好みのデザイン表現を行うことが出来ます

なお、オリジナルワッペンの制作に関しては、
当店でもご相談を承っております。

無地パーカと一緒にワッペンの作成を行う場合、
お気軽にその旨をお申し付け頂ければ幸いです

ワッペン選びは、もっとも楽しい部分です。
ここでしっかりと考えをまとめて頂くことで、やりやすくなります。

パーカにワッペンを付ける手順は?出来るだけミスをしないで済む方法とは?

悩む人

いよいよ本題!

パーカにワッペンを付けていきましょう!
今回ご紹介する方法は、しっかりと付く方法になります。
その為、アイロンのみで付けたい場合とは、少し違う方法となります。

この点をご了承頂き、読み進めて頂ければ幸いです。
念のため、アイロンのみの工程にも触れておきます。

無地パーカにワッペンをしっかりと付ける方法

  1. ワッペンを貼り付ける部分を確認し、マチ針で仮留めする。
  2. ※マチ針はワッペンの固定を意識して大胆に行いましょう。

  3. ワッペンの縁に沿って、しつけ糸を付け、マチ針を抜きます。
  4. ※しつけ糸とは仮縫いの様なことで、しっかりと縫い付けるのではなく、あくまでもズレないように固定するのが目的です。

  5. ワッペンの縁に沿って、ミシンをかける
  6. ※ミシンの操作には技術が必要なので、慣れない人はゆっくりと動かしましょう。
    ※ミシンで縫ったら、しつけ糸を抜き取ります。

  7. あて布を用意して、ワッペンの上に敷き、アイロンを上から押し当てます
  8. ※あて布はタオル程度でOK。アイロンの温度は100℃ほどで。
    ※アイロンは押してかけましょう。圧着させる意識が大切です。

  9. 完成です!

  • 注意点1|パーカの素材が裏起毛の場合、ワッペンの接着力を活かすと、起毛が潰れる可能性があります
  • 注意点2|接着力のないワッペンを使用する場合は、ミシン縫いだけでも、接着シートを使ってもOKです。
  • 注意点3|接着しかしない場合は、パーカの生地を霧吹きで湿らせておき、アイロンを掛けましょう。
  • 『注意点3の補足』パーカの生地が乾いたら、接着具合を判断します

以上が、パーカにワッペンを貼る方法になります。

なお、アイロンをお使いになる場合には、火傷や焦げ付きにご注意下さい。
また、ミシンを使用する場合には怪我に十分ご注意下さい。

当店は、オリジナルパーカを制作する専門店です。
個性的なプリントを施し、作成することが可能です。

もちろん、無地のままでもお求め可能です。
お好みの形でお求め頂けましたら幸いです。

 ご覧の記事は、『無地パーカにワッペンを付けてお手軽リメイク術!注意点は?』 でした!

-パーカーについて