スウェットとは?

快眠するためにはパジャマがいい?それでもスウェットで眠りたいあなたへ!

この記事の所要時間: 625

スウェットを着て眠る。

現代では当たり前のことであり、ワコールさんが
2013年に新社会人となる若者310人を対象に行った調査によれば、
スウェットやジャージを着て眠る人の割合が、
パジャマを着て眠る人よりも10%ほど多くいました

特に男性の場合、およそ51.6%と半数以上が
パジャマではなく、スウェットやジャージで就寝しているとか。

参考生地:http://www.wacoal.jp/suyasuya/pajama/comment01.html

このことからも分かるように、現代では
スウェットを寝巻きとして使っている人が数多くいらっしゃいます。

ここで問題となるのは、パジャマの存在です。

一説によれば人間の生体として、スウェットで眠るよりも、
パジャマで寝ることの方が快眠できるとされています。

そのことを踏まえ、スウェットとパジャマ、
どちらが快眠することが出来るのか?

そしてスウェットを着て、よりよい睡眠を取るためにはどうすべきか?
この2点について、考えていきます。

眠る時はパジャマを着たほうが快眠できる理由とは?

スーツのまま寝る人

パジャマとは西洋風の寝間着のことであり、
上下が分かれるものを指します。

パジャマの優れている点は、ゆったりとしていて、
眠る行為に適している事
ではないでしょうか?

ではここで、パジャマの方が快眠できる理由について考えてみましょう。

睡眠中はよく汗をかく

汗をかいて寝る子供

睡眠中はコップ1杯分の汗をかく
昔、何かのテレビコマーシャルで流れていたことです。

また、睡眠前にコッピ1杯の水を飲むことは、
脳卒中などの病気を予防するのに適しているとか。

なんでも睡眠中は汗をコップ1杯分もかくため、
血液がドロドロになってしまい、血管がつまり易くなります。

その結果、脳卒中のリスクが高まります。

このコップ1杯分の汗を吸い込み、
そして蒸らさずに排出できるのがパジャマです。

パジャマが薄手に作られているのは、
通気性を考えられてのことです

もっとも吸汗性を考えると、
パジャマの素材はコットンである必要があります。
ポリエステルなどの素材では安心できるとは言いにくいです。

切り替えができる

オンとオフ

パジャマを使っている人の言葉として、
部屋着とパジャマとで住み分けが出来ていると言います

つまりは部屋着からパジャマに着替える行為そのものが、
これから睡眠に入ることを自らに伝えている行為であると言えます。

この切替があると、ないのとでは、
入眠の際に必要な時間にも影響を与えます。

軽くて眠りやすい

寝る二匹の猫

パジャマのメリットとして、寝返りがし易いことを理由に上げる人もいらっしゃいます。
布団との摩擦がスウェットよりも少ない為、自然と眠りやすい状況が作られます。

頻繁に寝返りを打つ場合、摩擦が少ない方が快適に眠ることが出来るのは当然です。

深く眠りやすくなる

寝る猫

これまた、ワコールさんの調査結果ですが、パジャマを着ることは
眠るまでの時間を9分近く短縮するばかりか、
就寝中に目を覚ます回数を減らします。

参考記事:http://www.wacoal.jp/suyasuya/pajama/comment02.html

また、人間は眠る時に体温を下げます
眠っている時は、その方が眠りやすからであり、
正常時より体温が下がっている方が自然だといえます。

しかし、熱を逃がしにくいスウェットを着たまま眠っている場合、
快適な睡眠が出来るのか?難しい点です。

この様に様々な理由から、パジャマで眠るほうが、
快適な睡眠を取ることが出来ると言われています。

私は、衣服の違いにより、
睡眠の質が変わったと言う経験がありませんが、
変わる人もいることは事実としてあるようです。

今現在、睡眠の質に悩んでいる人は、
コットン製のパジャマをご用意してみてはいかがでしょうか?

スウェットは眠りにくい?大切なのは素材と境界だと言う話

空と海の境界線

では、多くの人が寝間着として採用しているスウェットは、
ただ眠りにくいだけなのか?それとも改善が出来るのか?

今度はこの点について考えてみましょう。

パジャマを着ることで睡眠の質が上がる点を踏まえ、
それに答える形でスウェット選びを行えば、
必然的によく眠れるのではないか?

こうした考えの下、改善していける点を挙げてみます。

ポリエステルよりコットン製を着る

綿の花

スウェットはポリエステル製、
コットン製、そして混紡糸製とあります。

そこでまず見直すべき点として、
ポリエステルや混紡糸製は止めて、
コットン製のスウェットを選ぶようにしましょう

吸汗性を上げ、体温調節を助けます。

寝間着用のスウェットを用意する

準備する人たち

現段階では、多くの人が
部屋着の延長線上に、寝間着スウェットがあります。

これを別途に分けることで、
境界線を引くことが出来ます

境界線を引くことは、同時に
スウェットの重さや厚さにも変化を生み出せ、
睡眠時の体温調整を円滑に行うことが出来ます。

一番の問題は通気性か?

通気性の良い家屋

コップ1杯の汗をかく事は必然とします。
となると、問題になってくるのはスウェットの通気性です。

正直言うと、この点だけは改善することが難しいです。
何故ならば、スウェットの生地が持つ厚さです。

パジャマと比べれば一目瞭然ですが、
この差は非常に大きく、通気性を求めるのは無理な話です。

通気性が何故求められているのか?と言えば、
汗ムレを防止し、寝苦しさを抑えるためです。

その汗ムレを優れた吸汗性で補う形になるのが理想です

あくまでもスウェットで快眠を得るためにオススメ5選

当店はオリジナルスウェットの専門店です。
そこで、当店にラインアップしておりますスウェット素材から、
寝間着として活用できるアイテムをご紹介します。

8.4オンスファインフレンチテリークルーネックスウェット
8.4オンスファインフレンチテリークルーネックスウェット

8.4オンスファインフレンチテリーカットオフクルーネックスウェット
8.4オンスファインフレンチテリーカットオフクルーネックスウェット

8.4オンス ファインフレンチテリーアーバンフィットスウェットパンツ
8.4オンス ファインフレンチテリーアーバンフィットスウェットパンツ
ライトスウェットパンツ
ライトスウェットパンツ

生地は薄手であり、綿100%で制作されているスウェットです。
オリジナルプリントなど施して作成も可能です。

また、寝間着として使用する事を考え、
無地のままでもお求め頂けます。

パーカを着て寝ることのすゝめ

私自身、寝癖がひどいので
パーカのフードを被り眠っています。

するとどうでしょう。寝癖が付きません。

少しばかり、髪の毛がペタってしますが、
それは寝癖に比べればなんてことありません。

ひどい寝癖にお困りの人は、
一度このパーカ睡眠をお試しください。

 ご覧の記事は、『快眠するためにはパジャマがいい?それでもスウェットで眠りたいあなたへ!』 でした!

-スウェットとは?