スウェットとは?

秋コーデ!スウェットとTシャツの重ね着をする際のカラーバランス

この記事の所要時間: 521

重ね着は難しいと言う声をよく聞きます。それはスウェットとTシャツの組み合わせに限ったことではありません。

では一体、重ね着が難しいと言われる理由はなんなのか?それを調べていくと、色の組み合わせが難しいと言う結論に達しました。

確かに色の組み合わせって衣類に限らず、デザインの世界でも重要ですよね。少し足すだけで良い方向へ印象がガラリと変わるものがあれば、悪くなってしまうものもある。

スウェットとTシャツの重ね着コーディネートを、お洒落に見せる為の色使いについてお届けします。

スウェットがベースカラーになるならTシャツは?

重ね着の基本として、ベースカラーは何色なのか? と言うことから考え始めるとバランス良くまとめられます。

スウェットの上に別のアウターを着るのであれば、ベースカラーはそれになるでしょうけど、春秋コーデと考えた場合、それほど着込むことはないでしょう。

そこでここでは、ベースカラーをスウェットの色とします。

スウェットの色は何色か?

ベースカラーは全体の70%程度の割合を占めるもので、まさにベースとなるものです。この色が全体の方向性を決めることは容易に想像付くでしょう。

ベースカラーが明るい色ならば、全体像として明るい印象を与えますし、暗い色ならば暗い印象を与えます。

アソートカラーは何色か?

重ね着をテーマにしていますので、全体の20~30%ほどの割合を占めるアソートカラーはTシャツの色になります。

ベースカラーに対して、どう印象づけるのか?対比させるのか?同系色にするのか?アソートカラーは全体のカラーバランスを整える上で非常に重要です。

アクセントカラーは隠し味の様な色

最後に決めるのが、アクセントカラーになります。大体10%程度の割合で加えます。アクセントカラーに関しては全体を見て、加えるという感覚が正しいと思います。だから隠し味ですね。

ちなみにアクセントカラーはベースと対象的な色を取り入れると引き立ちます。スウェットとTシャツの重ね着の中にアクセントを取り入れるなら、帽子や時計、ネクタイなどになります。トータルで考えれば、靴なども含まれます。

ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーはスウェットとTシャツの重ね着に限らず、基本なのでこの考え方を使い倒しましょう。

色は余計な知識不要!思い切ってカテゴライズせよ!

赤色を一つとっても、ピンクや薄紅、オレンジや朱色など様々なバリエーションがあります。その為、赤や青から派生するカラーを覚えてもややこしいだけです。

もっと本質的な物を追求しましょう。ファッションで取り入れるべき色の本質は、明るいか暗いか、どちらでもないか。濃い薄いと捉えてもよいです。

もっとも明るい色は白色。もっとも暗い色は黒色です。赤でも青でも、黄でも緑でも、どんな色でもどんどん濃く暗くしていけば、黒に近づこうとしますし、明るく薄くしていけば白に近づきます。

すべての色がカテゴライズ出来る

例えば赤色。白が0%で黒が100%なら、フラットな状態を50%とし、中間に存在するどちらでもない色になります。

では、フラットではない赤色であるならば、どれくらいどちらに偏っているかを考えることだけを考えましょう。色の名前はこの際いいです。片寄りだけを意識してバランスを考えることをオススメします。

ポイントはメリハリ!どんな色でもコントロールする!

色彩表(カラーチャート)をご覧になったことはありますか?この表は、180℃向かい合っている色同士が反対色になることが分かります。

カラーチャート

反対色であることはメリハリが付くことは間違いなのですが、色がぶつかり合ってしまい、不揃いな印象を与えてしまいます。また、90℃の位置関係にある色同士もまた不揃いな印象を与えます。

濃淡を上手く活用

色のメリハリを出すのは、なにも反対色を用いることだけがすべてではありません。

同系色の中で明るい暗いを上手く使い分けると、自然なメリハリが浮かびます

反対色の場合

中間に0・100の色を挟むと急に落ち着きを取り戻し、色のぶつかり合いはなくなります。灰色を入れても良いでしょう。

スウェットとTシャツの間では、プリントした文字の色やパーカーのフード紐などもアクセントとなります。

なお、90℃の位置関係の場合、中間色を入れると野暮ったくなる可能性があるのでオススメしません。

どの程度も割合で色を入れるのか?それが重ね着の中では重要であり、気を配って頂きたい部分です。

スウェットとTシャツの重ね着の次はトータルコーディネートだ!

ファッションは重ね着をするスウェットとTシャツだけで決まる物ではなく、パンツや靴も含めたトータルコーデを考える必要があります。

全身コーデを考える際、3つのパターンに組み込んでしまえば、誰であってもシンプルで賢く、オシャレなカラーバランスを描くことが出来ます

トーンを合わせる

カラー自体は違う物であってもトーンを揃えると全体的にまとまります。トーンを変に変えてしまうと、バランスが崩れておかしくなっていまします。

このトーンを揃えるという考えは、トータルバランスを考えた場合、非常に重要ですからぜひ、活用して下さい。

同じ色で挟む

例えば、ウェアと靴を同等の明るさを持つ同系色でまとめ、パンツを明るさの違う同系色、もしくは別の色にするとトータルで整います。

もちろん、あまりに突飛な色は混乱をもたらします。慣れない内は基軸となる色を決めて、そこから足し引きしましょう

グラデーションの様に変化させる

あえてトーンを変えていく方法もあります。この場合、すべてを同系色の色、もしくは近しい色にすることでまとまりが生み出せます。

上から下へ向かい徐々に濃く、暗くしていく。もしくは徐々に軽く、薄くしていくことでトータルで整えることが出来ます。

スウェットとTシャツを重ね着する際、トータルバランスにも気をつけたいなと思うのであれば、こちらでご紹介した考え方を参考して頂ければ幸いです。

 ご覧の記事は、『秋コーデ!スウェットとTシャツの重ね着をする際のカラーバランス』 でした!

-スウェットとは?