トレーナーとは?パーカとは?

トレーナーについて

トレーナーとは?パーカとは?スウェットとの違いはある?

この記事の所要時間: 311

トレーナーとスウェットは、見た限り全く同じもので、両者の違いは何と呼ぶか?ただそれだけ・・・そんな風に思っていました。

実際、トレーナーとスウェットには、何か決定的な違いがあるのでしょうか?

また、パーカとトレーナー&スウェットには、形状や素材以外に違いはあるのでしょうか?

トレーナーとは?スウェットとの違いは?

トレーナー

トレーナーとスウェットの違い。それは、呼び方の違いしかありません。

また、どちらも日本人が解釈した物なので、英語圏ではスウェットシャツという呼び方をする必要があります。

何故、スウェットはトレーナーとも呼ばれるようになった?

結論を言えば、日本人の勘違いになります。

たまたまトレーニング時に上下スウェットを着込んだスポーツ選手を見て、トレーナーと呼ばれるようになったとされます。

でもそれは、スウェットシャツやパンツだったわけで、トレーナーという言葉はスポーツ用語と言っても良いのではないでしょうか?

トレーニングウェア=トレーナーであり、カジュアルファッション=スウェットだと解釈したらすんなり行きます。

元々はそうであったかもしれませんが、今では確認のしようがありません。

パーカとは?スウェットとの違いは?

パーカ

パーカといえば、フードが付いたスウェットであり、両者を見比べる際、重要なのはフードがあるか?ないか?のただ1点です。

つまりは、これがスウェットとパーカの違いであり、フードがない物はパーカと呼ばれることはありません。

また、ポケットが付いている物があるのもパーカの特徴で、スウェットにしてもトレーナーにしても、ポケットは付いていません。

大きく分けて、ファスナーで前面を開閉出来るジップアップタイプと、被るように着るプルオーバータイプがあります。

この辺もスウェットとパーカの大きな違いになります。

どうしてパーカと呼ばれているの?

スウェットは汗、トレーナーはトレーニング、ではパーカは?

パーカの語源は、パルカから来ています。

そしてパルカの語源は、ロシア北部に暮していたネネツ人の言語であるネネツ語にあり、イヌイットが衣類として用いていたアノラックと同様の形状をしており、プルパーカと似ています。

なおパーカは、フーディとも呼ばれています。

トレーナー、スウェット、パーカ、それぞれの用途による違いはある?

違いは?

日本では、かなり曖昧な用途の違いですが、欧米ではどうなのか?最後にそれを考えてみましょう。

もっとも、欧米では日本のようにトレーナーとスウェット、2つの名があるわけではありませんから、スウェットシャツとパーカ、それぞれの用途となります。

スウェットシャツは、日常的に着られる物です。

そのため、特別な席で用いられるものではなく、割とリラックスする時に着られる物でしょう。

反対にパーカは、カジュアル面が強く、ヒップホップなどの影響からか、ストリートファッションとして人気です。

どちらもスポーツ選手がアップを行う際や、体を冷やさないように着用されるもので、実用的に用いられる物といえます。

なお、日本での用途を仮に考えた場合は、スウェットは寝間着や普段着であり、トレーナーは文字通りトレーニングを行うものパーカはカジュアルな物と捉えて頂ければ幸いです。

これはスウェット工場で、オリジナル制作を行う際には、用途を決める際に参考になるものだと言えます。

もちろん、スウェットやパーカには、それぞれ機能性がありますので、もっともマッチするものをお求め頂ければ間違いがないオーダーメイド作成が行えるでしょう。

 ご覧の記事は、『トレーナーとは?パーカとは?スウェットとの違いはある?』 でした!

-トレーナーについて
-